月別アーカイブ: 2017年11月

クリームを使うと自分で脱毛ができる!しかし・・・

サロンで脱毛をすると非常に多額の費用が必要になるため、最近では自分で脱毛をする女性が増えています。しかし、自分で脱毛をする場合にはカミソリを使うと肌荒れが起きる可能性があるので、多くの女性は脱毛クリームを使用しています。ですが、脱毛クリームを使用してもムダ毛が生えなくなるのではなく、一時的な効果しか得られません。サロンとは異なり、クリームを使用した場合には毛を溶かして処理します。
注意が必要なのは脱毛クリームは自分でムダ毛の処理が簡単にできるというメリットがありますが、体の全ての部分にクリームを使用できるのではありません。デリケートゾーンなどの皮膚が弱い部分にはクリームを使うことができません。クリームは非常に刺激が強いために敏感肌の人はすぐに肌荒れを起こす可能性があるためにデリケートゾーンには向かないでしょう。クリームを使用して脱毛をしても人によって個人差はありますが、平均で2日から数日間で新たなムダ毛が生えてきます。しかし、クリームの手軽さからクリームを使用する女性が増えています。
脱毛方法の中ではクリームが一番お肌に与えるダメージが大きいため、長期間に渡って使用することは控えましょう。

ほくろがあるときの脱毛サロンの利用

脱毛サロンで施術を受けるときに、ほくろに気を付けると、安全に脱毛することができます。脱毛サロンでは、光を放つ機器を利用して脱毛を行っていきます。この機能を持っている機器を使えば、毛根を破壊しやすくなり、毛が生えてくることができにくくなるのです。
脱毛サロンでは、光による施術が広く浸透していますが、施術を受ける時にはほくろを隠す必要もあるのです。ほくろは黒や茶色をしていますが、その部分に光を当ててしまうと火傷をしてしまう可能背が高くなるのです。光脱毛は、濃い色に反応しやすい特徴があるので、施術を受けるときに十分に注意しないといけません。
そのため、脱毛サロンでは、施術を受ける前にほくろ部分にあらかじめ肌色のテープを張り安全性を確保しているのです。当然、ほくろ近辺の毛を処理することは難しくなってくるので、その点を了承してから通うようにしましょう。
ほくろの近くに毛が生えていない人は、特に問題なく施術を受けることができます。ただ、産毛が生えている人は、シェーバーなど安全な機器を使用して、こまめに毛の処理を行っておくとよいでしょう。
色々な毛の処理方法を組み合わせることで、毛の問題を解消することができます。

足の医療脱毛の完了回数の目安とは

美容クリニックを初めとした医療機関で行う脱毛は、専用の医師が在中するので早く確実なムダ毛の処理が行えるメリットがあります。足は毛の生える量が多いと同時に夏場など露出しやすい部位であるので、ムダ毛処理を行う頻度が高いです。人によって自己処理でなくこの部位を専門の機関で処理をしたいと考える意見は多いでしょう。しかし完全にムダ毛を医療脱毛ではどれくらいの回数や期間で、効果を実感できるのか分からないかもしれません。医療機関ではレーザー機器を用いてムダ毛の処理を行い、女性の足なら約6回から9回が完了目安とされます。しかし人によって剛毛である、細い毛もない完全な素肌が良いという意見を持つ場合はどれくらいがベストでしょう。結論で言えば前者なら8回から10回、後者なら9回以上は必須とされます。それでも施術3回目から分岐点だと言われ、この回数に達すると毛の生える量がかなり少なくなり4回目以降の脱毛は半年位の期間を空けてから行います。医療レーザーによる処理は、毛の生えてくるサイクルに合わせて行う必要があり短期間で多くの回数レーザー光を当てるだけでは効果は薄いからです。毛の成長期にレーザーを照射するのが脱毛完了への近道であり、自分の毛の周期がどれくらいかよく分からない場合は有効期限か長いクリニックで施術するとお得です。